公式ブログ「夢を実現するステップ」

世界を食べよう!②「パラック・パニール」 🐢

こんにちは、教務の中村です。
本校周辺のおすすめの味を紹介するシリーズ。
今回はカレーの種類の一つ「パラック・パニール」について紹介します

駅を出れば、どこでも見かけるようになった本場のカレー屋。

みなさんも一度はアツアツの「ナン」に舌鼓を打ったことがあるのでは?

人気No.1の「バターチキン」は名前からして「当たり!」感があり、実際に老若男女だれの口にも合う味です。

一方、今回ご紹介する「パラック・パニール」は本場では定番メニューでありながら、日本では不遇な存在です。
「パラック・パニール」とはどのようなカレーなのでしょうか。

「パラック」というのは、このカレーのベースになっているほうれん草のこと。「パニール」というのは牛乳かヤギ乳から作られたチーズのようなもの。

つまり「パラック・パニール」とはほうれん草とチーズのカレーなのです。

 

先ほど、「パラック・パニール」を不遇と評しました。

まず、その毒々しい緑が食わず嫌いを生みます。

そして、たまの挑戦者も具材では安全(エビ)を選んでしまう。予備知識なしに「パラック・パニール」にたどり着くのはなかなか困難なのです。

 

そのお味はというと…
緑のカレーは見た目の割にクセがなく、パニールに染み込んで絶妙にマッチします。

パニールはモノによって当たり外れがありますが、それでも小さな期待には応えられる代物です。

 

実は、今回の「パラック・パニール」は「一押しの味!」というよりも、個人的な「思い出の味」。

次回「パラック・パニール追憶編」でそのあたりをお話ししたいと思いますので、その前にぜひ一度ご賞味あれ!

2018.06.18

  • 公式ブログ 夢を実現するステップ
  • イベント・相談会情報