資格取得

なぜ「日本語教育能力検定試験合格」の資格が必要なのか

日本語教師になるまでの経緯を教えてください

日本語教師に必要な国家資格はありませんが、国内の日本語学校で留学生に日本語を教える場合は、以下3つの条件のうちいずれかを求められるケースが多いです。

  1. 1.大学で主専攻あるいは副専攻の日本語教育科目を履修し、卒業していること。
  2. 2.日本語教師養成講座において420時間以上の教育を受けていること。(学歴に要件があります)
  3. 3.日本語教育能力検定試験に合格していること。

日本語教師になるために日本語教育能力検定試験に合格することは必須か

一般的に日本語教育能力検定試験の合格は、必須ではありません。
実際に現役で教えている方で、日本語教育能力検定試験に合格していない方も大勢います。

しかし、あった方が将来的にキャリアを積む上で有利です。
プロの現場においては、日本語教育能力検定を持っているからと言って、実際に教えることが可能だという見方はしていません。持っているからと言って授業が実際に出来ない方もいます。

しかしそれでは、プロとして教えることはできません。
それよりも、実際の現場に近い420時間を受講することが、日本語教師になるための近道と言えます。

もっと詳しく

学士がある方(4年生の大学を卒業している方)

日本国内の法務省が告示する日本語学校で教える場合は、法務省の日本語学校の告示基準から、学士があって(4年生の大学を卒業していて)、420時間の養成講座を修了した方は、日本語教育検定試験に合格していなくても資格的に問題ありませんが、将来的に合格した方が良いです。もちろん、海外で教えることも可能です。

学士がない方(4年生の大学を卒業していない方)

学士がない方(4年生の大学を卒業していない方)の場合、420時間の養成講座を修了した方は国内外での一般的な日本語学校で教えることは可能です。日本国内の法務省が告示する日本語学校で教員として教える場合は420時間の養成講座を修了した後、日本語教育能力検定試験に合格する必要があります。

独学での資格取得は可能か

独学で検定試験に合格することはかなり大変です。
しかし420時間の養成講座を受講することで教育能力検定試験に対応することが可能です。
本校においても、教育能力検定試験に合格することを意識して授業を行っております。

もっと詳しく

日本語教育能力検定試験とは

日本語教育能力検定試験(公益社団法人日本語教育学会認定)

公益社団法人日本国際教育支援協会が主催。
1988年から毎年1回実施され、検定合格は日本語教師の資格の一つになります。出題範囲は「社会・文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言語と教育」「言語一般」の5つの区分からなっており、日本語教育およびそれに関連する幅広い知識とその運用能力が問われます。

本校では教育能力検定試験に合格することを意識して授業をしており、検定対策の専用コースも設けております。

  • 公式ブログ 夢を実現するステップ
  • イベント・相談会情報