コース詳細

日本語教師養成講座のコースについて

本校の日本語教師養成講座は文化庁の『日本語教員養成において必要とされる教育内容』のガイドラインに準拠し、420単位時間の研修です。
本校の養成講座は、当校の養成講座を修了した後は、「国内外の日本語学校で実際に教えることができるようになること」をゴールとしています。

日本人であれば、誰でも日本語を流暢に話すことはできますが、外国人を前にして日本語で日本語を教えることは、考えているよりも難しくて大変なことなのだからです。例えば、「明日雨が降りそうです」の「そう」はどのように日本語で教えますか? 私達日本人ならば何気なく日常的に使っている言葉を、整理してわかりやすく外国人に教えることは、理論と理論の基づいた技術が必要だからです。

420時間総合コース(理論+実技+検定対策)

当校では実際に養成講座が修了した段階で、プロとして日本語学校の授業ができることを目標に日本語教師養成講座を組み立てました。
一連の理論と実技が終わった後は、検定対策授業を行いますので、日本語教育能力検定試験対策も万全です。
研修内容には理論科目と実技で編成されています。
理論科目は実際に授業で教える際に必要な実践力の付く理論科目の内容となっています。実技科目については、教えてみるという体験的なものではなく、実技科目が修了した後には、実際の日本語学校での授業を想定した教案が一式揃って実際に授業を行う上での役立つ内容の濃いものとなっています。

理論コース

420時間コースの中で理論科目だけを受講するコースです。
下記のような方にお勧めです。

  1. (1)420時間コースのうち、理論だけを勉強したい。
  2. (2)過去に勉強したけど忘れてしまった。
  3. (3)教えることはできるのだけど、理論的な裏付けやもっと理論について学びたい。

実技コース

420時間コースの中で、実技科目だけを受講するコースです。
下記のような方にお勧めです。

  1. (1)日本語教師養成校を修了したけど、教えることに自信がない。
  2. (2)大学で主専攻、副専攻で日本語教育について学んだけど座学ばかりで実際に教えることに自信が ない。
  3. (3)今日本語学校やボランティアで教えているけど、もっと教える技術を身につけたい。

検定対策コース

日本語教育能力試験対策に的を絞った授業を行います。
下記のような方にお勧めです。

  1. (1)理論と実技が終わって、日本語教育能力検定試験の合格を目指したい
  2. (2)既に日本語教師としてご活躍の方で、合格を目指したい
<募集要項・料金に戻る