公式ブログ「夢を実現するステップ」

日本語教師になるには?③ ~学士の学位ってなきゃダメ?~

前回「420時間コース」修了による日本語教師資格取得のお話をしましたが、法務省の告示には、「学士の学位を有し,かつ,日本語教育に関する研修であって適当と認められるもの420単位時間以上受講し,これを修了した者」とあります。

ここで注目したいのは「学士の学位を有し~」という部分。

要するに「420時間コース」修了による資格は学士の学位との「合わせ技」であり、高卒、専門卒、短大卒である場合、講座修了だけでは要件を満たさないと書いてあるわけです。

 

しかしながら、巷に出ている日本語教師の求人を見てみると、学士要件がなく「420時間コース」修了単体で応募条件としている求人もチラホラ(以前よりは減った印象ですが)。

はっきりと理由はわかりませんが、学士が実際の業務で役に立つという感覚が現場に薄いということもあるかもしれません。

それでも教員として正式にカウントされるには「合わせ技」が必要で、そのほうが採用の際に優位なことは確かです。

ただ慢性的な教師不足である現状、上のような求人はしばらく出続けるのではないでしょうか。

 

一方、海外の状況はどうでしょう。

法務省の告示にある「合わせ技」はあくまで国内の日本語教育機関に適用されるものですが、外国ではそもそもの話、就労ビザ発給の学歴要件として学士が求められることがあります。

タイなどのように学歴要件が比較的緩い国もありますが、香港やシンガポールなど、大卒以上の学歴がビザ発給の原則となる国もあります(要件については、変更もあるので新しい情報をご確認ください)。

 

まとめますと、「420時間コース」修了で学士なしの場合、日本語教師としての職場は限定的ながら可能です。

特に国内において職場の幅を広げることができるので、該当する方は日本語教育能力検定試験も視野に入れることをおすすめします。

タグ

カテゴリー: | 2018.09.10

  • 公式ブログ 夢を実現するステップ
  • イベント・相談会情報