公式ブログ「夢を実現するステップ」

日本語教師の国家資格【日本語教員試験】を現役講師が徹底解説

日本語教師の国家資格「登録日本語教員」がいよいよ2024年4月より新設!現行の制度からの変更も多く、気になる話題ですよね。特に!2024年より実施される「日本語教員試験」については現役教師にも受験が求められるケースもあり、「ちゃんと合格できるかな…」「今の日本語教育能力検定試験とはまた違うのかな…」と心配な先生もいらっしゃるのではないでしょうか?
このコラムでは現役の日本語教師の先生方や、登録日本語教員の資格取得を目指す方に向けて日本語教員試験について徹底解説します。登録日本語教員資格取得に向けての一歩目として、ご参考になさってください♪

※本文の内容は2023年12月10日に実施された「日本語教員試験」の試行試験に基づいて執筆しています。実際の「日本語教員試験」については出題内容や形式が変更されることがあります。

この記事はこんな人にオススメ!
✔日本語教師の国家資格「登録日本語教員」を取得したい人
✔「日本語教員試験」を受験する予定の人
✔現行の制度で日本語教師として働いている人
✔日本語教師養成講座(文化庁届出受理)を受講中、または修了した人
この記事でわかること
・2023年12月10日に実施された【日本語教員試験】の試行試験の内容
・これまでの日本語教育能力検定試験から、新設される日本語教員試験はどのように変わる?
・日本語教員試験の基礎試験、応用試験はどのような構成?
・日本語教員試験の基礎試験、応用試験の特徴と傾向は?
・日本語教員試験の基礎試験、応用試験の難易度は?
・日本語教員試験を受験するにあたって現職の先生はどのように対策すればよい?

目次

<基礎試験>の難易度は?

これまでの日本語教育能力検定試験(試験Ⅰ)に比べると、易化していると言えます。重箱の隅をつくような設問がほぼなく、とにかく問題の出し方が素直です。キーとなる用語さえ理解していれば、ひねらずそのまま解けるでしょう。日本語教育能力検定試験で見られたような、個人の読解力、分析力、推測力等で差がつく設問は少なく、勉強量が結果に比例する、名称の通り「基礎」を問う試験です。

こちらの記事もおすすめ!
  1. <コラム>【日本語教員試験】試行試験を現役講師が受けてみた所感

カテゴリー: | 2024.02.03

  • 公式ブログ 夢を実現するステップ
  • イベント・相談会情報