日本語教師歴4ヶ月 安 郁美さん

海外で暮らす可能性を考え、“手に職”の日本語教師に

日本語教師歴4ヶ月 安 郁美さん

日本語教師になるまでの経緯を教えてください

アメリカに留学した時、ボランティアで日本語を教えたことがきっかけで、日本語教師を目指そうと思いました。
最初は、日本人だから教えられると思っていましたが、話すのとは違い日本語教師に必要なスキルを身につけないと教えられないと気づき、日本語養成講座を受講することにしました。
韓国国籍の方と結婚したこともあって、将来、海外で暮らす可能性を考え“手に職”の日本語教師という道を選びました。

日本語教師のやりがいを教えてください

私たちは母語として日本語を使っているので感覚的に話しても伝わりますが、日本語を教えるとなると、文法的に理解してもらえるよう伝えなければなりません。
私はいま、初級クラスで教えていて、学生が昨日できなかったことが今日できるようになるの成長が目に見えて分かるので、やりがいを感じています。

日本語教師をしていて心がけていることはありますか

中国の学生たちは漢字が得意なので教えなくても知っているということがよくありますが、非漢字圏の学生ももちろん同じクラスにいるので、どの国籍の学生さんがいてもきちんと勉強できる授業ができるよう注意しています。

やはり語学学習は、楽しいと思えないとその先に進めないと思うので、最初に日本語を勉強したいと思ったきっかけやそのときの気持ち、話せた時の楽しさを学生のみなさんには忘れないでいてもらえるように、楽しい授業を心がけていきたいです。

もっと詳しく